読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあの巣

読書やゲームや美術館めぐりなどの日々の記録

『新しい航空管制の科学』感想

2015/07/09〜2015/07/24 #園山耕司 #ブルーバックス #新書 #飛行機新しい航空管制の科学 宇宙から見守る「空の交通整理」 (ブルーバックス)作者: 園山耕司出版社/メーカー: 講談社発売日: 2015/05/21メディア: 平装-新?この商品を含むブログ (1件) を見る最…

『阪急電車』感想

2015/07/14〜2015/07/16 #有川浩 #娯楽小説阪急電車 (幻冬舎文庫)作者: 有川浩出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2010/08/05メディア: 文庫購入: 16人 クリック: 461回この商品を含むブログ (341件) を見るえっこれ映画化したの?盛り上がりポイントなくね?と…

『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』感想

2015/07/04〜2015/07/04 #桜庭一樹 #児童文学 #青春小説砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)作者: 桜庭一樹出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング発売日: 2009/02/25メディア: 文庫購入: 31人 クリック: 158回この商品を…

『鉄道会社の経営―ローカル線からエキナカまで』感想,まとめ

2015/07/?〜2015/07/08 #佐藤信之 #新書 #鉄道 鉄道会社の経営 - ローカル線からエキナカまで (中公新書)作者: 佐藤信之出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2013/12/19メディア: 新書この商品を含むブログ (11件) を見る経営というほどではないが鉄道会社…

フィリップ・K・ディック『パーマー・エルドリッチと三つの聖痕』感想メモ

2015/06/29〜2015/07/02パーマー・エルドリッチの三つの聖痕 (ハヤカワ文庫SF)作者: フィリップ・K・ディック,浅倉久志出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1984/12/12メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 29回この商品を含むブログ (40件) を見るだいたいこ…

細野秀雄・神谷利夫『透明金属が拓く驚異の世界 不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術』感想

透明金属が拓く驚異の世界 不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術 (サイエンス・アイ新書)作者: 細野秀雄,神谷利夫出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ発売日: 2006/11/16メディア: 新書 クリック: 15回この商品を含むブログ (21件) を見る2015/06/1…

チャック・パラニューク『ファイト・クラブ』感想

ファイト・クラブ〔新版〕 (ハヤカワ文庫NV)作者: チャック・パラニューク,池田真紀子出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2015/04/08メディア: 文庫この商品を含むブログ (7件) を見る開始日不明、2015/06/17読了 一回読んだくらいじゃどうも感想をまとめきれ…

津村節子『星がゆれる時』感想

星がゆれる時 (集英社文庫)作者: 津村節子出版社/メーカー: 集英社発売日: 1981/01メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る2015/06/28開始、2015/06/28読了 W不倫話。やはり働いていないと何かあった時のリスクに備えられないよなあなどと見当違い…

虚淵玄・大森望編『楽園追放 rewired サイバーパンク SF 傑作選』感想

楽園追放 rewired サイバーパンクSF傑作選 (ハヤカワ文庫JA)作者: 虚淵玄,大森望出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2014/10/17メディア: 平装-文?この商品を含むブログ (7件) を見る読み始め 不明 読み終り 2015/06/11・読むきっかけ ちょうど『ニューロマン…

フィリップ・K・ディック『高い城の男』感想

高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)作者: フィリップ・K・ディック,土井宏明(ポジトロン),浅倉久志出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1984/07/31メディア: 文庫購入: 17人 クリック: 230回この商品を含むブログ (125件) を見る読み始め:2015/06/18 読み終り…

スタニスワフ・レム『ソラリス』感想

ソラリス (ハヤカワ文庫SF)作者: スタニスワフ・レム,岩郷重力,沼野充義出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2015/04/08メディア: 文庫この商品を含むブログ (11件) を見るネタバレ注意・読んだきっかけ 何か新しいSFを読みたくて、知らない作家縛りでジャケ…

キウイ

・最果ての銀河船団読了 さらっとネタバレ。面白かったです。スペースオペラってくくりよくわからないけど読んでみれば確かにスペースオペラかも?と思った。展開は王道っぽくてベタベタだけどそれはそれでよかったです。 SFの醍醐味である近未来技術に関し…