読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあの巣

読書やゲームや美術館めぐりなどの日々の記録

ブラック企業とツンデレ上司『なれる!SE―2週間でわかる?SE入門』夏海公司

★★☆☆☆ 読書

#ライトノベル #SE

なれる!SE 2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)

なれる!SE 2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)

薦められたので読みました第2弾。薦めてくれた人は「SEの父にこれを読ませたら大体合ってるとか言ってた」と話してくれた。
これは就活がうまくいかず、就活サイトに載っていた「SE頑張り物語」的な話を信じて文系だけどIT企業に就職した主人公・桜坂工兵が苦しみながらもなんとかやっていく話だ。「なれる!SE」というよりは「ならないとクビ!SE」である。

外見年齢中学生くらいの可愛くて技術力の高いツンデレ上司なんてものは現実のどこにもいないし、謎の美人事務員さんもそうそういないだろうけど、その他の設定はラノベレーベルから出ている割には現実的で、過剰な装飾はあまりなかった。この話の良いところはそこで、主人公はコピーすらロクに取れないし、仕事を手取り足取り教えてくれないことに対して怒りを感じ、理不尽な上司には謝りたくないなあ嫌だなあと思っていて、人間くさい。「文系で技術力がない」という設定はブレず技術的な仕事は全然できないのだが、どうにか自分にも出来ることを見つけたり、考えたりして必死に仕事をやっていく様を見るのは良いものだった。

もし現実にこんな友人がいれば「それ今すぐ辞めるか技術力だけ得てさっさと転職した方がいいよ」とアドバイスすると思う。環境は劣悪だけど周りの人間には良い人が多くて辞めづらい/辞めない判断をする、というのはどこにでもある話で、そういうところまで何となくリアルだった。