読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあの巣

読書やゲームや美術館めぐりなどの日々の記録

『羽生善治のこども将棋 終盤の勝ち方入門』羽生善治監修, 小田切秀人執筆

#将棋 #終盤

 詰将棋を始める前にこれを読んでおけば…と思った。逃げ道に捨てよとか、金はナナメに誘えとか、玉の逃げ場を確認して詰み筋を考えるとか、三手詰で見覚えのあるテクニックが多く出てきた。三手詰で詰みのテクニックはなんとなく分かってきたものの、寄せについてはちっとも分かってなかったし各種囲いの弱点もよくわかってなかったので、その辺りのことをなんとなく知れたのは良かった。大駒を切るタイミングが難しいし二枚替えなんかは実戦で指せる気しない。逆に美濃囲い崩しはかっこよすぎて是非実戦で指したい。
 内容としてはとても簡単なので、終盤本としては最初の一冊にするのがいいと思う。終盤の基本的なことは分かるけど終盤力で負けてしまう~とかいう場合はもうちょっとレベルの高い本に行くべきだろう。次は寄せの手筋系の本を読みたい。