読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあの巣

読書やゲームや美術館めぐりなどの日々の記録

『もっと知りたいカラヴァッジョ―生涯と作品』宮下規久朗

★★★★☆ 読書 美術

#美術 #バロック

もっと知りたいカラヴァッジョ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいカラヴァッジョ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

ダリ展を見に行こうと思い予習がてらダリの画集を借りに行ったら、近くにアートビギナーズ・コレクションのカラヴァッジョがあった。カラヴァッジョは2016年に東京で開催された「日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展」に行ったことがあったので久しぶりに見てみるかという気持ちで借りた。ダリのアートビギナーズ・コレクションはなかった。
www.nmwa.go.jp

やはりカラヴァッジョすごいなあと思い直した。というクソみたいな感想しか書けないのがしばらく感想を書かなくなった弊害という感じがする。
カラヴァッジョ展に行った際にも軽く予習は行っていたが、改めて意味不明な人物だと思う。著者はカラヴァッジョに対して

破滅的で、人格が破綻し、傲慢かつ繊細なならず者であったと思う

と評しており、本書の中でも様々なところからその性格を読み取ることができる。だが、絵に関してはその奇人から生み出されたとは思えない技巧が凝らされている。

カラヴァッジョの絵に関しては、キリスト教を題材にした作品なのに妙に現実的な場面だったり、なんとも言えない表情をしていたり、光と影の付け方がうまかったりというところが好きだ。本当は、美術館で見て絵の持つパワーに圧倒されてひれ伏したというほうが正しいのだけど。。懐かしくなって、図版が欲しくなった。