読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあの巣

読書やゲームや美術館めぐりなどの日々の記録

『マジック・キングダムで落ちぶれて』コリィ・ドクトロウ

★★★★☆ 読書

#SF #不死

マジック・キングダムで落ちぶれて (ハヤカワ文庫SF)

マジック・キングダムで落ちぶれて (ハヤカワ文庫SF)

マジック・キングダム (Magic Kingdom) は、アメリカ合衆国フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにある4つのディズニーパークの内の1つである。

というわけで、タイトルの「マジック・キングダム」とはディズニーランドのエリアのことであり、物語の舞台もディズニーランドである。
そんな舞台で主人公たちが何をやるかというと、ホーンテッド・マンションをより良くするために日々頑張っている。例えば回転率をよくするための工夫を凝らしたり、並んでいる客を飽きさせないための物を置いてみたり。
そこにSF要素はないように見えるが、この世界では人間のバックアップが取れるようになっており、実質的に不死が存在している。また、労働の必要はなくなった世界なので貨幣ではなく人々の尊敬点である「ウッフィー」が通貨のようなものとなっており、人々から尊敬されるようなことをするとポイントが貯まっていき、ご飯が買えたりする。主人公はそんなSF的世界でディズニーランドのアトラクションの改良のため、日々活動している。

こんな設定だけでも魅力的だが、それ以上に人間ドラマが面白い。根底にあるのは、「不死が実現した世界で人はどう行動するか?」ということなのだと感じたが、見えているのはディズニーランド内の派閥争いである。不死で、時間をもてあましている人達のアトラクションへの情熱、そして派閥を拡大していこうという動き。自分たちの領土を守ろうとする人たち。そんな人間くさいドラマを見ていくうちに自分も一緒にドキドキハラハラしてとてもおもしろかった。

SFだから、という設定上の面白さだけではなく、ストーリーも素晴らしい一作。残念ながら絶版となっているが、2005年出版の本なので図書館には置いてあることが多い。また、amazonで1.5k(2016/11時点)なので手に入れることも出来る。興味があれば、ぜひ読んでいただきたい物語だ。