読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあの巣

読書やゲームや美術館めぐりなどの日々の記録

10月振り返りと11月の目標

雑記

ようやく旅行記も書き終わったので溜め込んでた本の感想を吐き出せる。といってもそんなに大した量ではないのだけど…。とりあえず今月の反省と読んだ本、来月読みたい本と目標なんかをまとめておく。

10月に読んだ本

本2冊+漫画(14冊)。FE終わった後気が抜けすぎた。

ずっとお城で暮らしてる (創元推理文庫)

ずっとお城で暮らしてる (創元推理文庫)

パ氏からの熱烈なプッシュにより読んだものの残念ながらいまいち響かず。いや読後感の最悪さとか段々悪意が見えてくるあたり面白かったし、他には読んだことのないえげつなさで素晴らしかったんだけど、1週間考えこむというほどではなかったという意味の響かず。がっつりした感想はまだ書いてないので読み込み直しも兼ねて書きたい。


東京喰種 1―トーキョーグール (ヤングジャンプコミックス)

東京喰種 1―トーキョーグール (ヤングジャンプコミックス)

東京喰種1~14巻読んだ。なんというか期待値上げすぎてたかなぁという感じ。一緒になって波に乗りきれなかったというか感情移入できなかったというか……。戦闘シーンと表紙は良かった。


スワロウテイル人工少女販売処 (ハヤカワ文庫JA)

スワロウテイル人工少女販売処 (ハヤカワ文庫JA)

この3冊の中では一番面白かった!ハヤカワから出てるし裏面のあらすじは中々ハードSFぽさがあるんだけどそんなことはなくてむしろ良い意味でラノベラノベっぽいヒューマノイドSF。ぽんこつヒューマノイドが可愛くてなおかつSF的世界設定の美しさを楽しめる本。
設定は重厚なSFチックなのにそれを裏付ける論理展開は怪しい―怪しいけどまぁいいかで済ませられる心地よい際どさ―なので軽い。きちんと練ってありながらそれを重たくしないというのもそれはそれで楽しいものだなあと思えてとても良かった。伏線回収も丁寧でカタルシスを得られる。いやー良い本だった。


10月の反省

前半、中盤は何かと忙しかったとはいえ後半は開放感で気が抜けてダメになっていた。解放感で死んでもやることだけはやれるようになりたい(実際どうやればいいのかは見当もつかない)。
せめて本は読もう。最悪minecraftでもいいので何もしない時間は減らしたい。やりたいことだけはたくさんある。


11月に読みたい本

人に勧められたのでひとまず読まなければ…と思っている。有川浩の文体が合わないことは分かっているんだけど食わず嫌いはよくないし頑張ります。伊坂幸太郎は初めてだしどういう話を書く人かもしらない。なれる!SEはFEアルゴリズム本のイラストレーターが挿絵をやっているということで絵に期待している。

  • マーク・ピーターソン「日本人の英語」

古典的な本。ずっと読みたい本リストに入っていたのでとりあえず借りてみて読んでいる。なんだかんだ言い訳をつけて全く進まないが内容は面白そう。

図書館。なぜ読みたい本リストに入っていたのか覚えていない。ド嬢だろうか?この機を逃すと一生読まない気がするのでがんばるぞい


11月の目標

卒論を一通り最後まで仕上げる。時間を無駄にしない。



f:id:sianos:20150907105224j:plain


今月もがんばるぞい。